介護業界で派遣として働く場合の待遇について

 介護業界で介護士は重要な役割を担っており、正社員として勤めること以外に派遣の選択もあります。介護施設は経済的に豊かではないところもあり、人件費を抑制するためには様々な雇用形態の職員を有効に活用している場合があります。勤める側としても、常勤の正社員と非正規社員の待遇の違いを把握しておくこと、自分に合った働き方ができるでしょう。

 派遣の介護士の給料は時給制が採用されていることが多く、他の業種のアルバイトやパートと比べると比較的高めに設定されていることが多いと言われています。ボーナスを受け取ることはできませんが、夜勤のシフトに積極的に入ると、高い時給が得られるため、年収として計算すると正社員にそれほど見劣りすることはないのです。地域によって賃金は変わりますが、給与水準が高いエリアで夜勤をメインに働けば、派遣であってもゆとりのある生活を目指すことが可能です。仕事の内容としても、正社員の介護士と同様の職務を任されることになるのでやりがいはあります。入浴の介助やバイタルチェックなど、派遣社員だからといって、一定の業務に携わることができないという扱いを受けることはありません。むしろ戦力として期待されることでしょう。介護士としての経験値も十分に積めるので、新しい働き方として注目してみてはいかがでしょう。

 派遣で働く大きなメリットとしては、働きたい時間帯を希望することが可能な点です。例えば朝に弱く夜に強いタイプの人や、高収入を得たい人は、夜の時間帯を選んで働くと、自分に合った働き方ができたり、効率良く希望する収入を手にできます。残業もあまり発生しないため、プライベートな時間も十分確保できます。派遣というワークスタイルは、自分の都合に合わせて仕事をしたいと考えている人に打ってつけです。

WordPress theme: Kippis 1.15