派遣で働くメリットについて

 医療や介護業界でも派遣社員として働く人は一定数います。働き方の選択肢として、積極的な活用をしている人もおり、各職種別に事情がことなります。資格が必要なく未経験者でも歓迎される職種は、出向先の病院や施設次第で待遇に違いが出るので、コーディネーターとの調整が必須です。

例えば、医療事務として医療機関へ出向する場合、毎月月末にはレセプトチェックのために夜遅くまで仕事をしなければならないことは珍しくありません。一方、介護士として派遣で働く人もいますが、その場合介護業界以外の職種とは事情が異なります。介護士の給料は、正社員と大きな差のない状態の時給が設定されていることがあり、報酬面でのデメリットはあまりありません。とくに夜勤専従なら、高給与が期待出来ます。

 しかし、そのような給与問題はあまり知られていないので、派遣で働く人に対して世間はなぜ正社員として働かずに非正規雇用を選択しているのか不思議に思うことがあります。ですが、正社員と派遣社員との最大の違いは残業の有無にあるのです。病院や介護施設に常勤として正社員や契約社員として勤務していると、繁忙期や診療時間が押した時に、仕事が終わるまで残業が続くことがあります。派遣として働いている場合、出向時の条件として残業無しや1時間以内といった細かい規約があるので、長時間の残業を防げるのです。このような点は、無理なく働きたい人にとっては嬉しい条件と言えます。

 正社員として勤務していると、忙しいときはなし崩し的に働かなければならない状態になりますが、外部からの出向という扱いになると契約内容に沿った勤務のみを行なえば良いのです。これは夜勤の場合もそうなので、残業無しで高収入を得たい場合は、夜間の勤務ができる派遣の仕事に目を向けることをオススメします。

WordPress theme: Kippis 1.15